August 2, 2016 / 4:21 AM / 4 years ago

古代ギリシャ墓地に処刑とみられる人骨80体、反乱未遂か

 8月1日、紀元前8─5世紀の古代ギリシャの集団墓地で、両手首を鉄製の手かせで固定された80体以上の人骨が埋葬されているのが見つかった。大量処刑が行われたとみられ、有力な説は反乱を企て失敗した貴族キュロンの一派だという。写真は先月27日撮影(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[アテネ 1日 ロイター] - 紀元前8─5世紀の古代ギリシャの集団墓地で、両手首を鉄製の手かせで固定された80体以上の人骨が埋葬されているのが見つかった。

考古学者によると大量処刑が行われたとみられる。ただ、彼らが誰で、どのような経緯で一定の敬意をもって埋葬されたのかは、謎に包まれている。

アテネ郊外の国立歌劇場や図書館の建設予定地で、古代墓地跡の発掘調査中に、これらの人骨が発見された。整然と一列に並べられた骨や、重ねて積み上げたものもあるが、発掘責任者のステラ・クリソーラキ博士は「すべて同じ方法で処刑されている。大半の人骨は非常に若く、健康状態は良好だ」と述べた。埋葬方法から、奴隷や普通の犯罪人とは考えにくいという。

博士は「アテネの社会が混乱し、権力争いが激しかった時代だ」と指摘する。有力な説は、紀元前632年に反乱を企て、失敗した貴族キュロンの一派という可能性だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below