October 3, 2018 / 5:19 AM / 2 months ago

睡眠不足の米高校生、飲酒など危険行為の可能性高まる=研究

[2日 ロイターヘルス] - 米国の高校生を対象とした研究で、睡眠不足の10代の若者は、十分な睡眠を取っている同年代の若者と比べ、飲酒や喫煙、無防備な性交渉など危険な行動に関わる確率が高いことが示唆された。

ジャマ・ペディアトリクス電子版に掲載された同調査は、2007─15年に集めた高校生による睡眠と危険行動に関する報告約6万8000件を分析したもの。それによると、米国の高校生の約7割が、平均睡眠時間が8時間を下回った。青年期に心身の健全を保つためには8─10時間の睡眠が推奨されている。

調査では、夜間に8時間以上眠っている高校生に比べ、6時間以下しか眠っていない高校生が飲酒する確率は2倍、喫煙する確率はほぼ2倍、その他の薬物使用やリスクの高い性交渉を行う確率は2倍以上だった。さらに、自傷行為をする確率や、自殺を検討するか試みる確率は、3倍以上に達したという。

調査の指導者でハーバード大学医学部ブリガム・アンド・ウイメンズ病院のマシュー・ウィーバー氏は、睡眠不足により脳が変化し、危険な行動の可能性が高まることが考えられると指摘。電子メールで「生理学的なメカニズムとしては、睡眠不足と質の低い睡眠が、実行機能と論理的推論に不可欠な前頭前野皮質の活性化の阻害に関連している可能性が考えられる」と述べた。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below