April 30, 2020 / 10:25 AM / a month ago

4─6月期の世界のスマホ出荷、16.5%減の見通し=調査

4月30日、台湾の調査会社トレンドフォースによると、4─6月期の世界のスマートフォン出荷台数は前年同期比16.5%減の2億8700万台となる見通し。メキシコのモントレーの店舗で2019年11月撮影(2020年 ロイター/Daniel Becerril)

[30日 ロイター] - 台湾の調査会社トレンドフォースによると、4─6月期の世界のスマートフォン出荷台数は前年同期比16.5%減の2億8700万台となる見通し。サプライチェーンは回復しているものの、新型コロナウイルスの感染拡大が需要を急減させるためという。

韓国のサムスン電子(005930.KS)と米アップル(AAPL.O)はそれぞれ1位、3位を維持する見込みだが、市場シェアは中国の競合他社に奪われると予想。アップルのシェアは1─3月期の13.5%から12.6%に低下、サムスンのシェアは3%ポイント縮小して20.3%になるとみている。代わって中国の小米科技(シャオミ)(1810.HK)やOPPO(オッポ)がシェアを拡大する見通しという。

1─3月期の出荷台数は10%減少した。

年間の生産台数は12億4000万台で、2019年の13億5000万台から11.3%減少するとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below