July 30, 2018 / 8:40 AM / 3 months ago

訂正:三井住友FG、4─6月期の当期利益は -6.0% 進ちょく率32%

[東京 31日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が30日発表した2018年(訂正)4―6月期当期利益は前年同期比6.0%減の2270億円となった。通期予想の7000億円に対する進ちょく率は32%となった。

 7月30日、三井住友フィナンシャルグループが発表した2017年4―6月期当期利益は前年同期比6.0%減の2270億円となった。通期予想の7000億円に対する進ちょく率は32%となった。写真は都内で2014年7月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

連結粗利益は、同2.4%減の7191億円となった。関西アーバン銀行やみなと銀行の持分法適用化に伴い250億円減少したが、大口の法人向けの手数料ビジネスが寄与したこを主因に減少に歯止めをかけた。

連結業務純益は同3.7%増の3143億円。関西地銀の持適化などにより、経費削減が進み、増益を確保した。

与信関係費用は大口先の戻し入れが発生し、前年同期比64億円改善の83億円の損失。株式等損益は同75億円改善し、290億円の利益となった。

*1段落目の2017年4─6月期を2018年4─6月期に訂正します。

布施太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below