Reuters logo
三井住友とりそな、系列の関西地銀3行の経営統合 関西最大手に
2017年3月3日 / 07:10 / 9ヶ月後

三井住友とりそな、系列の関西地銀3行の経営統合 関西最大手に

[東京 3日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)とりそなホールディングス(8308.T)は3日、それぞれの系列下にある関西地域の地銀3行を経営統合することで基本合意したと発表した。

 3月3日、三井住友フィナンシャルグループとりそなホールディングスは、それぞれの系列下にある関西地域の地銀3行を経営統合することで基本合意したと発表した。大手銀行の系列下にある地銀が枠を超えて再編するのは初めてとなる。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

大手行の系列下にある地銀が、枠を超えて再編するのは初めてで、関西を基盤とした最大手の地銀グループとなる。

りそなが過半を出資し、連結子会社とする中間持ち株会社の下に、三井住友が60%出資する関西アーバン銀行(8545.T)、同46.4%出資するみなと銀行(8543.T)、りそなが100%出資する近畿大阪銀行がぶら下がる。来年4月の統合を目指す。持ち株会社は上場する。三井住友は20%超を出資し、持分法適用会社とする。株式移転や株式交換などの具体的な統合方法は、今後検討する。

関西アーバン銀と近畿大阪銀は営業地盤が重なることから合併も検討する。

新持ち株会社の総資産は約11.4兆円となり、全国の地銀グループで6位。関西で最大の地銀グループとなる。

三井住友は、国際金融規制が強化される中で、自己資本の強化が課題となっている。このため、収益性の低いリスクアセットを押さえる必要があり、関西アーバンとみなとを連結子会社から切り離す。これにより自己資本比率は0.5%程度改善されるという。

関西アーバンとみなとに対しては「引き続きコミットする」(幹部)として、将来の株式売却の可能性については「考えていない」としている。

一方、りそなは関西の顧客基盤を強化し、収益力の向上に結び付ける。新設する中間持ち株会社を上場させ、独立色を確保することで他の地銀との連携の基盤としたい考えだ。

*内容を追加します。

布施太郎

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below