November 14, 2018 / 10:32 AM / a month ago

三井住友FG、4─9月期の当期利益は+12.5% 進捗率68%

 11月14日、三井住友フィナンシャルグループが発表した2018年4―9月期当期利益は前年同期比12.5%増の4726億円となった。写真はロゴ、都内で2014年7月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 14日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が14日発表した2018年4―9月期当期利益は前年同期比12.5%増の4726億円となった。通期予想の7000億円に対する進捗率は68%となった。

連結粗利益は、ほぼ横ばいの1兆4600億円となった。関西アーバン銀行やみなと銀行の非連結化に伴う減少要因を、大口の法人向けの手数料ビジネスの寄与などで歯止めをかけた。

連結業務純益は同6.4%増の6404億円。関西地銀の非連結化で経費削減が進み、増益を確保した。

与信関係費用は大口先の戻し入れが発生し、前年同期比291億円改善の50億円の損失。株式等損益は政策保有株式の売却などを進め、前年並みの519億円の利益となった。

布施太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below