Reuters logo
スイス中銀、外貨準備運用先の多様化を模索=理事
2017年3月24日 / 00:04 / 8ヶ月後

スイス中銀、外貨準備運用先の多様化を模索=理事

[チューリヒ 23日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のメクラー理事は23日、スイスフラン高阻止に向けた市場介入によって膨らんだ外貨準備について、運用先の多様化を模索していると語った。

 3月23日、スイス国立銀行(中央銀行)のメクラー理事は、スイスフラン高阻止に向けた市場介入によって膨らんだ外貨準備について、運用先の多様化を模索していると語った。2016年2月撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

中銀の外貨準備高は6740億スイスフラン(6792億3000万米ドル)に上り、国内総生産(GDP)を上回っている。2016年に中銀はフラン高を阻止する介入を通じて671億フラン相当の外貨を買い入れた。

理事はチューリヒで行われたイベントでの講演の準備原稿で、中銀が外貨準備の多様化に向けて韓国ウォンや人民元、小型株を保有資産に加えたことに触れたうえで、新たな運用先を見つけるのが困難になっていると指摘。

「バランスシートの拡大によって多様化が容易になるということは一切ないが、この取り組みを後退させることはしない」と表明。

「われわれは常に利用可能な手段を検討し、最大限に活用している」とした。

理事はまた、フランは「著しく過大評価されている」との見方をあらためて示した。

スイス経済の17年の見通しについては、依然としてかなりのリスクがあると指摘。「現在は、米経済政策や欧州の複数の総選挙、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の先行きをはじめとする政治的な不透明感が最大の注目材料」とした。

そのうえで、中銀の金融政策が緩やかな経済成長を支えてきたと語った。

理事は、中銀は欧州の政治情勢を注視しているが、不確実性に対応する適切な政策手段を有していると確信していると述べた。

「われわれはあらゆる情勢に注目しているが、現在のマイナス金利政策や必要ならば為替市場に介入するという姿勢が、スイスにとって最も適した政策という結論に達した」と強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below