for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スイス中銀、超緩和的な金融政策を維持 為替介入方針も変わらず

[チューリヒ 25日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)は25日、超緩和的な金融政策の維持を決定した。スイスフランはこのところ下落しているものの、為替介入の用意があるとの姿勢も維持した。

中銀は、政策金利と中銀預金金利をエコノミスト予想通りマイナス0.75%に据え置いた。

安全資産であるフランへの需要が後退する中、フランは対ユーロで3%値を下げている。

中銀は「最近の下落にもかかわらず、フランの価値は高いままだ。経済活動と物価動向を安定に向け、中銀は拡張的な金融政策を維持する」と説明。必要に応じて為替市場に介入する意思に変わりはないとした。

また、「拡張的な金融政策は好ましい資金調達状況を提供し、フランの上昇圧力に対抗しているほか、経済に対する適切な信用と流動性の供給に寄与している」とした。

中銀は2021年の国内経済成長率を2.5─3%と予測。昨年12月時点の予想から変更はなかった。

インフレ率見通しは小幅に引き上げ、21年は0.2%、22年は0.4%とした。今回初めて示した23年は0.5%と見込んでいる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up