for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英空港の探知犬チーム、発見物はチーズやソーセージばかり

[ロンドン 14日 ロイター] - 英イングランド北部のマンチェスター空港に総費用125万ポンド(約1.9億円)を投じて導入された6頭の探知犬が、チーズやソーセージの小片を見つける能力には長けているが、肝心の密輸薬物の探知にはあまり役立っていないことが分かった。

同空港国境警備部門の報告書によれば、6頭は導入された2014年11月から2015年6月までの7カ月間に、ヘロインやコカインなど最も危険とされる薬物が分類されている「クラスA」の薬物を探知できなかった。

報告書は「大半は休暇帰りの英国人が誤って持ち込んだ少量のチーズやソーセージの類を見つけただった」と述べている。

そのうえで「探知犬の抑止効果を測るのは難しいが、押収物だけから判断すると、新しい犬舎やチームの運営費など全体で125万ポンドかけた割に収穫は小さい」と報告した。

こうした現状を踏まえ、6頭をもっと活用する方法が検討されているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up