February 22, 2018 / 3:43 AM / 4 months ago

五輪=スノボ女子ビッグエア、岩渕が日本勢最高の4位

[22日 ロイター] - 平昌冬季五輪は22日、スノーボード女子ビッグエア決勝を行い、岩渕麗楽は合計147.50点で4位となり、惜しくも表彰台を逃した。

 2月22日、平昌冬季五輪のスノーボード女子ビッグエア決勝で、岩渕麗楽は合計147.50点で4位となり、惜しくも表彰台を逃した(2018年 ロイター/Murad Sezer)

岩渕は1回目に逆スタンスで踏み切って横2回転半する「キャブ900」を決めて4位につけると、2回目に軸をずらして縦2回転、横3回転する「バックサイドダブルコーク1080」に挑戦し、着地で手をついた。3回目も同じ技に挑んだが着地で尻もちをついた。

岩渕は試合後、メダルを逃したことについて「今は悔しい気持ちでいっぱい。緊張もした。自分の実力の無さが一番の原因だと思う」と述べた。

藤森由香は122.75点で7位、鬼塚雅が119.00点で8位だった。

アンナ・ガサー(オーストリア)が185.00点で優勝し、スロープスタイルで金メダルのジェイミー・アンダーソン(米国)が177.25点で2位。ゾイ・サドフスキシノット(ニュージーランド)が157.50点で3位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below