November 9, 2018 / 2:11 AM / 4 days ago

サッカー=長友所属のガラタサライ、乱闘騒ぎで処分

 11月8日、サッカーのトルコ1部、長友佑都の所属するガラタサライは2日に行われたフェネルバフチェ戦での乱闘騒ぎを受け、選手や関係者などが最大8試合の資格停止処分を科された。写真は7試合の処分を受けたファティ・テリム監督。ドイツのゲルゼンキルヘンで6日撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[イスタンブール 8日 ロイター] - サッカーのトルコ1部、長友佑都の所属するガラタサライは、2日に行われたフェネルバフチェ戦での乱闘騒ぎを受け、選手や関係者などが最大8試合の資格停止処分を科された。

ガラタサライとフェネルバフチェは2─2の引き分けに終わった試合後、ピッチ上で選手、関係者が入り乱れる乱闘騒ぎを起こし、両チームの選手にレッドカードが出される事態になった。

トルコ・サッカー協会は、ガラタサライのファティ・テリム監督にレフェリーへの侮辱行為などで7試合、退場処分を受けたMFバドゥ・ヌジャイに5試合、ライアン・ドンクに6試合の処分を科した。最も処分が重かったのはチームトレーナーで、フェネルバフチェの選手に暴力を働いたとして8試合の資格停止処分となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below