for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=イブラヒモビッチ、不遜スタイルでコロナ感染予防訴え

 サッカーのイタリア・セリエA、ACミランに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、新型コロナウイルス対策として社会的距離を守り、マスクを着用するよう、自身の特徴である不遜なスタイルで訴えた(2020年 ロイター/Daniele Mascolo)

[ミラノ 29日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ACミランに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、新型コロナウイルス対策として社会的距離を尊重し、マスクを着用するよう、自身の特徴である不遜なスタイルで訴えた。

新型コロナウイルスに感染したイブラヒモビッチは、最近回復。「ウイルスが私に挑戦してきたが、私が勝った。しかし、あなたがたはズラタンではない、ウイルスに戦いを挑むな。頭を使い、距離とマスクのルールを尊重しよう。われわれが勝つ」と感染予防に務めるよう促した。

その様子が映されたビデオは、新型コロナウイルス感染が急増しているロンバルディア地方のウェブサイトと、SNSアカウントに投稿された。

イブラヒモビッチは新型コロナウイルス感染により2試合欠場したものの、現在まで6得点を決めてリーグ得点ランキングのトップに立っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up