for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=マラドーナ氏、遺体から違法薬物など検出されず

 11月に死去したサッカーの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(写真)について、地元当局の司法官は検視の結果としてアルコールや違法薬物は検出されなかったとロイターの取材に答えた。ブラジルのポルトアレグレで2日に代表撮影(2020年 ロイター)

[ブエノスアイレス 23日 ロイター] - 11月に死去したサッカーの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏について、地元当局の司法官は検視の結果としてアルコールや違法薬物は検出されなかったとロイターの取材に答えた。

マラドーナ氏はうつ病などの治療のために7種類の薬を服用しており、腎臓と心臓、肺に問題を抱えていたという。

マラドーナ氏は1986年のワールドカップでアルゼンチンを優勝に導くなど、世界有数のサッカー選手として活躍。一方で生涯を通じてアルコールと薬物依存に苦しんでいた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up