November 9, 2018 / 1:16 AM / 9 days ago

サッカー=欧州リーグ、南野ハットトリック 長谷部は決勝T進出

 11月8日、サッカーの欧州リーグ(EL)1次リーグ、B組では南野拓実(中央)の所属するザルツブルク(オーストリア)が敵地でローゼンボリ(ノルウェー)に5─2で大勝を収めた。南野は前半だけでハットトリック(2018年 ロイター/Ole Martin Wold/NTB Scanpix/via REUTERS)

[ロンドン 8日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は8日、各地で1次リーグの試合を行い、B組では南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)が敵地でローゼンボリ(ノルウェー)に5─2で大勝を収めた。

先発の南野は前半6分、ドリブルで相手選手をかわしてペナルティエリア右に侵入すると、右足を振り切り先制ゴールを決めた。同19分には味方のロングボールで相手DFの背後を取り、左足のダイレクトシュートで流し込み2点目。3─0で迎えた同45分にも、一度はGKに跳ね返された自身のシュートのこぼれ球を押し込み、前半だけでハットトリックを達成した。南野は後半33分に退いた。

ザルツブルクは後半に2失点するも、相手のオウンゴールで1点を加えて大勝。4連勝でグループ首位に立っている。

H組では、長谷部誠がフル出場したアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)が敵地でアポロン(キプロス)に3─2で勝利。ルカ・ヨビッチ、セバスティアン・ハラー、ミヤト・ガチノビッチがゴールを挙げ、4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

H組のもう1試合では、酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)が敵地でラツィオ(イタリア)に1─2で敗れ、1分け3敗で敗退となった。酒井宏はフル出場。

乾貴士所属でF組のベティス(スペイン)はホームでACミラン(イタリア)と1─1のドロー。乾はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below