for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=2026年W杯、米国など3カ国が共催で立候補

 4月10日、米国、メキシコとカナダの3カ国は、サッカーの2026年W杯共催を目指して立候補すると発表した。写真は米サッカー連盟のスニル・グラティ会長。米カリフォルニア州サンノゼで3月撮影(2017年 ロイター/Kyle Terada-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国、メキシコとカナダの3カ国は10日、サッカーの2026年ワールドカップ(W杯)共催を目指して立候補すると発表した。

北中米カリブ海連盟(CONCACAF)の地域では、1994年の米国大会以降、W杯は開催されていない。

米サッカー連盟のスニル・グラティ会長は、80試合中60試合を米国で、カナダとメキシコで10試合ずつ行いたいとしている。

2018年大会はロシア、2022年大会はカタールで開催される。2026年大会の招致レースは今年から始まり、2020年まで続く見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up