for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=元マンCのサバレタが現役引退を発表

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)などでプレーした元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが16日、現役引退を発表した。英マンチェスターで2月撮影(2020年 ロイター/Phil Noble)

[16日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)などでプレーした元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(35)が16日、現役引退を発表した。

2008年にマンCに加入したサバレタは、9シーズンで通算333試合に出場し、12得点をマーク。2回のプレミアリーグ制覇や2011年イングランド協会(FA)カップ優勝に貢献した。代表通算58キャップを数える。

昨季終了後にウェストハム(イングランド)を退団したあとは、古巣エスパニョール(スペイン)への復帰の可能性が浮上していたが、18年間のプロキャリアに幕を下ろすことを決めた。

サバレタはツイッターで、「チームメート、監督、特に家族や友人、私とともに旅してくれた全ての人々に永遠に感謝する。さまざまな感情を胸に、人生で最高のステージの1つに別れを告げる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up