January 31, 2019 / 1:21 AM / 6 months ago

サッカー=アジア杯決勝、5回目の優勝狙う日本と若いカタールが激突へ

 1月30日、サッカーのアジア杯はUAEで2月1日に行われる決勝戦で、大会記録を更新する5回目の優勝を狙う日本とカタールが対戦する。写真は日本の森保一監督。28日にアルアインで撮影(2019年 ロイター/Suhaib Salem)

[アブダビ 30日 ロイター] - サッカーのアジア・カップ(杯)は、アラブ首長国連邦(UAE)で2月1日に行われる決勝戦で、大会記録を更新する5回目の優勝を狙う日本と、初の決勝進出で2022年ワールドカップ(W杯)を開催する若手の多いカタールが対戦する。

日本は大会の序盤から苦しんだが、準決勝のイラン戦では3─0と大勝した。一方、カタールはよりスムーズな勝ち上がりを見せて準決勝ではホスト国のUAEに4─0で勝利。カタールのアルモエズ・アリはここまで6試合連続ゴールの通算8得点で、1996年大会でアリ・ダエイ(イラン)が記録した大会記録に並んでいる。

日本のFW大迫勇也はイラン戦で素晴らしいパフォーマンスを見せて2得点。南野拓実も印象的なプレーを見せているだけにカタールの最終ラインにとっては大きなテストになる。日本の最終ラインでは経験豊富な吉田麻也と20歳の冨安健洋が勝利への基盤を作っている。

カタールの選手たちの多くは、9歳のころからスペイン人のフェリックス・サンチェス監督の指導を受け、大会を通して戦術的なまとまりとチームの一体感を示してきた。UAEとカタールが断交中のため、カタールのサポーターは応援に駆け付けることができないが、選手たちは初の主要タイトルを持ち帰ると決意している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below