July 24, 2019 / 2:28 AM / a month ago

サッカー=ベイル代理人「レンタルではレアル退団せず」

サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードからの退団の可能性が報じられているウェールズ代表FWガレス・ベイル(写真)だが、同選手の代理人が23日に期限付きでの移籍はないと話した。マドリードで5月撮影(2019年 ロイター/Juan Medina)

[ロンドン 23日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードからの退団の可能性が報じられているウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)だが、同選手の代理人が23日に期限付きでの移籍はないと話した。

ベイルは2013年に当時の世界最高額でトットナム(イングランド)からレアルに移籍。加入以降、4回の欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇などに貢献したが、昨季はレギュラーの座確保に苦しんでいた。

レアルのジネディーヌ・ジダン監督は先ごろに、クラブは「彼の退団に向けて動いている」と述べ、ベイルの放出を示唆していた。

ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、23日にスカイスポーツのテレビ番組で、「クラブから彼を追い出すためのその場しのぎの契約はあり得ない。ガレスは地球上で最高の選手のひとり」と話し、「彼はどこのクラブへも、レンタルで移籍することはないと私が保証できる」と続けた。

欧州の複数クラブが完全移籍でベイル獲得に動くかどうかは、同選手が減給を受け入れられるか次第とみられている。中国スーパーリーグの江蘇蘇寧と北京国安が新天地候補として、複数メディアに取り上げられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below