August 22, 2018 / 12:32 AM / a month ago

サッカー=ベッカム氏、UEFA会長賞を受賞

[21日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、元イングランド代表主将デービッド・ベッカム氏が2018年UEFA会長賞に選ばれることが決まったと発表した。

 8月21日、欧州サッカー連盟(UEFA)は、元イングランド代表主将デービッド・ベッカム氏が2018年UEFA会長賞に選ばれることが決まったと発表した。ジャカルタで3月撮影(2018年 ロイター/Beawiharta)

アレクサンデル・チェフェリン会長は、ベッカム氏を「彼の世代における真のサッカーの象徴」だとし、選出の理由を「サッカーの国際的なアンバサダーであり、世界各地でサッカーの推進に努めてきたため」と説明した。

ベッカム氏は現役時代、クラブと代表で通算762試合に出場し、20年間で130得点を記録。マンチェスター・ユナイテッド(マンU)ではプレミアリーグ優勝を6回、イングランド協会(FA)カップ優勝2回、欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝を1回経験し、スペイン1部のレアル・マドリードではリーグ制覇も果たした。

その後、米メジャーリーグサッカー(MLS)ギャラクシー、期限付きでACミラン(イタリア)を経て、パリ・サンジェルマン(PSG、フランス)時代の2013年に現役引退を表明した。

ベッカム氏は「キャリアを通して、常に全力でプレーし、チームワークとフェアプレーに努めた」と述べ、今回の受賞を「光栄に思う」とコメントした。同氏は年内にモナコで表彰される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below