for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=レーバークーゼンのビルツ、ブンデス最年少ゴール

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、レーバークーゼンのU─17(17歳以下)ドイツ代表MFフロリアン・ビルツ(中央)は、ホームでのバイエルン・ミュンヘン戦で同リーグ史上最年少ゴール(17歳と34日)を記録した。代表撮影(2020年 ロイター)

[ベルリン 6日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、レーバークーゼンのU─17(17歳以下)ドイツ代表MFフロリアン・ビルツは6日、ホームでのバイエルン・ミュンヘン戦で同リーグ史上最年少ゴール(17歳と34日)を記録した。

ビルツは後半から出場。試合終了間際にバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーからゴールを奪った。試合は2─4でレーバークーゼンが敗れた。

これまでの最年少ゴールは2005年にヌリ・シャヒン(17歳と82日、当時ドルトムント所属)が決めていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up