June 7, 2020 / 2:00 AM / a month ago

サッカー=ドルトムントとヘルタ、膝つき行為で人種差別に抗議

 サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガでは、ドルトムントとヘルタの選手たちが試合前に膝をつき、先月米国で白人警官に膝で首を圧迫されて死亡した黒人男性、ジョージ・フロイドさんに哀悼の意を表した。代表撮影(2020年 ロイター)

[ドルトムント(ドイツ) 6日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガでは6日、ドルトムントとヘルタの選手たちが試合前に膝をつき、先月米国で白人警官に膝で首を圧迫されて死亡した黒人男性、ジョージ・フロイドさんに哀悼の意を表した。

両チームは試合前、ドルトムントのホームスタジアムのセンターサークルに集まり、膝をついた。両チームのコーチ陣とスタッフも同様の行動を取った。

フロイドさん死亡事件を受け、ドイツ・サッカー連盟(DFB)は先日、人種差別への抗議行動を容認する意向を示していた。試合はドルトムントが1─0で勝利した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below