Reuters logo
サッカー=王者バイエルンが最終節で快勝、ドルトムントは3位
2017年5月21日 / 01:47 / 6ヶ月前

サッカー=王者バイエルンが最終節で快勝、ドルトムントは3位

[20日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは20日、各地で最終節の試合を行い、王者バイエルン・ミュンヘンはフライブルクに4─1で快勝。今季限りで引退する主将フィリップ・ラームとシャビアロンソの有終の美を飾った。

 5月20日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、王者バイエルン・ミュンヘンは最終節でフライブルクに4─1で快勝。今季限りで引退する主将フィリップ・ラーム(中央左)とシャビアロンソ(中央右)の有終の美を飾った(2017年 ロイター)

香川真司が所属するドルトムントはブレーメンに4─3で勝利。香川はフル出場を果たし、1アシストを記録した。ドルトムントは3位で終えて、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

ドルトムントのピエール・エメリク・オーバメヤングが2ゴールをマーク。今季31ゴールで得点王に輝いた。

ケルンはマインツを2─0で下した。ケルンの大迫勇也は先発し、今季7点目となる1ゴール、1アシストの活躍。試合終盤までプレーした。マインツの武藤嘉紀は後半に途中出場した。ケルンは5位、マインツは15位でシーズンを終えた。

酒井高徳がフル出場したハンブルガーSVはウォルフスブルクを2─1で下し、残留を決めた。原口元気が所属するヘルタはレーバークーゼンに2─6で大敗。原口は出場しなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below