for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=リバプールがアトレチコに勝利、サラーがクラブ記録

 CL1次リーグ、リバプールは敵地でアトレチコ・マドリードに3─2で競り勝った。写真はリバプールのモハメド・サラー(2021年 ロイター)

[マドリード 19日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は19日、各地で1次リーグの試合を行い、B組のリバプール(イングランド)は敵地でアトレチコ・マドリード(スペイン)に3─2で競り勝った。

リバプールは前半8分にモハメド・サラーが先制点を決めると、同13分にはナビ・ケイタがネットを揺らし、リードを2点に広げた。

アトレチコも同20分にアントワーヌ・グリーズマンが1点を返すと、同34分にもグリーズマンがネットを揺らし同点に。しかし、後半序盤にそのグリーズマンが退場となり数的不利になると、リバプールが同33分にサラーのPKで勝ち越した。

サラーはこの2得点でリバプールでのCL通算得点を31に伸ばし、スティーブン・ジェラード氏の持っていた30得点を更新するクラブ歴代最多得点者となった。また、公式戦9試合連続得点で、こちらもクラブ記録を更新した。

リバプールのユルゲン・クロップ監督は「両チームともインテンシティーの高いタフなゲームをしたなか、われわれは後半に本当にしっかりとプレーした。PKやレッドカードでこちらに有利な展開になったのは間違いない」と振り返った。

同組のもう1試合では、ポルト(ポルトガル)がホームでACミラン(イタリア)に1─0で勝利した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up