March 13, 2019 / 1:13 AM / in 6 months

サッカー=バルセロナ監督、「PSGやレアルの敗退を教訓に」

 3月12日、サッカーのスペイン1部、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、CL決勝トーナメント1回戦第2戦に向けて、レアル・マドリードやPSGの敗退を教訓に、一層警戒して次戦に臨むと述べた(2019年 ロイター/Susana Vera)

[バルセロナ 12日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は12日、翌日に控えた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦の前日記者会見に出席した。監督は、レアル・マドリード(スペイン)やパリ・サンジェルマン(PSG、フランス)の敗退を教訓に、一層警戒して次戦に臨むと述べた。

今大会の決勝トーナメント1回戦では、第1戦でアヤックス(オランダ)に2─1で勝利していたレアルがホームでの第2戦で1─4の大敗を喫し、2戦合計で逆転負け。第1戦でマンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)に2─0で勝利していたPSGはホームでの第2戦を1─3で落とし、2戦合計3─3で並んだ末にアウェーゴールルールで敗退となった。

第1戦でリヨン(フランス)と0─0で引き分けたバルセロナのバルベルデ監督は13日の第2戦に向けて、「レアル・マドリードやPSGのようなチームが敗退しているという事実は重要で、警戒しなくてはならない」とコメント。「彼らはアウェーゴールがどれほど重要かを分かっている」とし、リヨンを過小評価をしていないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below