May 25, 2018 / 12:58 AM / 5 months ago

サッカー=レバンドフスキ、シーズン中から始めたW杯への準備

[24日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが、来月ロシアで開幕するワールドカップ(W杯)に向けてシーズン中から準備を始めていたと明かした。ポーランド紙「Fakt」の取材に答えた。

 5月24日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが、来月ロシアで開幕するワールドカップ(W杯)に向けてシーズン中から準備を始めていたと明かした。マドリードで4月30日撮影(2018年 ロイター/Michael Dalder)

今年で30歳を迎えるレバンドフスキは数年間にわたり、世界最高のセンターフォワードのひとりとして活躍。W杯欧州予選では28試合で16得点を挙げ、1大会における同予選の最多得点記録を更新するなど、ポーランドには欠かせない存在となっている。

だが、2年前にフランスで行われた欧州選手権(ユーロ2016)では1得点にとどまった。しっかりとした休養が必要と考えた同選手は昨年12月、所属クラブのバイエルンにバックアップのFWを新たに加えることを要請した。

レバンドフスキは「そういう計画だった。毎試合出場して、自分を苦しめたくなかった。長い目で見て、私にもチームにもメリットがない。ケガで苦しんでいたときでさえプレーしなければならなかったが、今は違う。ベンチに座り、出場しない時もある。特に、この先のW杯に向けた準備の中で重要になってくる」と話した。

今季、バイエルンはリーグ制覇を果たしたが、レバンドフスキの1シーズンの出場時間は、2010─11シーズンにドルトムントでブンデスリーガデビューを果たして以来、最も短かった。

ポーランドはW杯1次リーグで、日本、コロンビア、セネガルと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below