for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=欧州CL、ザルツブルク奥川がバイエルン戦で1得点

 サッカーのCL1次リーグ第3戦、A組で奥川雅也(写真中央)が所属するザルツブルクは、昨季王者のバイエルン・ミュンヘンに2─6で大敗を喫したものの、奥川は1ゴールを決める活躍を見せた(2020年 ロイター/Andreas Gebert)

[ベルガモ(イタリア) 3日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は3日、各地で1次リーグ第3戦を行い、A組で奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)は、昨季王者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に2─6で大敗を喫したものの、奥川は1ゴールを決める活躍を見せた。

奥川は1─2のビハインドで迎えた後半20分に交代出場。その直後に味方からのスルーパスを絶妙なタッチで収め、ペナルティーエリア内に持ち込んで右足で同点ゴールを決めた。バイエルンは3連勝でグループ首位を維持し、ザルツブルクは勝ち点1の最下位。

南野拓実がプレーするD組のリバプール(イングランド)は、アタランタ(イタリア)に5─0で完勝し、3連勝の勝ち点9でグループ首位を維持。ディオゴ・ジョタがハットトリックをマークした。南野はベンチ入りしたものの出番はなかった。

C組では、中島翔哉所属のポルト(ポルトガル)が長友佑都と酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)を3─0で下した。中島は後半30分からピッチに立ち、酒井はフル出場。長友はベンチ外だった。

ポルトは首位マンチェスター・シティー(マンC、イングランド)に3ポイント差の勝ち点6でグループ2位。3連敗のマルセイユは最下位となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up