May 1, 2019 / 12:42 AM / 21 days ago

サッカー=欧州CL準決勝、アヤックスがトットナムに先勝

 4月30日、サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦、アヤックスが敵地でトットナムに1─0で先勝した。写真右は決勝点を決めたドニー・ファンデベーク(2019年 ロイター/Dylan Martinez)

[ロンドン 30日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は30日、準決勝第1戦の1試合を行い、アヤックス(オランダ)が敵地でトットナム(イングランド)に1─0で先勝した。

序盤を優勢に進めたアヤックスは前半15分、ペナルティエリア内でフリーで縦パスを受けたドニー・ファンデベークがGKとの一対一を制して先制点をマーク。ハリー・ケインが故障、孫興民が出場停止のトットナムは枠内シュート1本にとどまり、ビハインドを跳ね返せなかった。

試合後、アヤックスの主将マタイス・デ・リフトは「アウェーゴールが最も重要だった。不運にも(ダビド・)ネレスのシュートはポストに当たった。もしあれが決まっていれば、もっとよかった。しかし、1─0の結果に満足しないといけない」と語った。

一方、古巣との対戦となったトットナムのクリスティアン・エリクセンは「われわれは本来のプレーをしていなかった。最初の20分はボールウォッチャーだった。彼らがシュートをポストに当てたのはラッキーだ。(アウェーの)アムステルダムで状況を好転できればいい」と振り返った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below