November 23, 2018 / 1:35 AM / 22 days ago

サッカー=ドログバが現役引退を表明

 11月22日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーなどで活躍した元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(40)が21日、現役引退を表明した。ロンドンで9月撮影(2018年 ロイター)

[ロンドン 22日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーなどで活躍した元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(40)が21日、現役引退を表明した。

ドログバは英BBCに対し、「若い才能ある選手の成長を手助けするのが一番いいキャリアの終え方だ。私はサッカーで多くのことを学んだので、サッカーに還元するのが最良の方法」と語った。

ドログバは1998年にルマンでプロ人生のスタートを切り、ギャンガン、マルセイユ(以上フランス)を経て、2004年にチェルシーに移籍。当時のジョゼ・モウリーニョ監督の下で攻撃の中心選手として活躍し、50年ぶりの1部リーグ制覇に貢献した。

チェルシーには2回在籍し、プレミアリーグ4回、イングランド協会カップ(FA杯)4回、同リーグカップ3回の優勝。計381試合に出場し、同クラブ歴代4位の164得点の記録を残した。最後は米メジャーリーグサッカー(MLS)のフェニックス・ライジングでプレーした。

コートジボワール代表としては100試合以上に出場し、14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会では日本と対戦。アフリカ最優秀選手には2回選出された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below