April 13, 2018 / 1:13 AM / 5 months ago

サッカー=マルセイユ突破、酒井宏ゴール 南野も準決勝へ

[ロンドン 12日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は12日、各地で準々決勝の第2戦を行い、酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はホームでライプチヒ(ドイツ)に5─2と大勝を収め、2戦合計5─3で準決勝進出を決めた。

 4月12日、サッカーの欧州リーグ(EL)は各地で準々決勝の第2戦を行い、酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はホームでライプチヒ(ドイツ)に5─2と大勝を収め、2戦合計5─3で準決勝進出を決めた。写真左は、チームメートと勝利を祝うマルセイユの酒井宏(2018年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

第1戦を0─1で落としたマルセイユは、開始直後の前半2分に先制点こそ許したものの、その4分後に相手のオウンゴールで同点に。さらに同9分、同38分にゴールを決めて2点リードで前半を折り返した。

後半15分にも1点を奪うと、追い込まれたライプチヒは同アディショナルタイムにGKまでゴール前に上がり攻撃に参加。そのなかで、相手のクロスを跳ね返したマルセイユはそのまま全速力でボールを運び、この試合フル出場の酒井宏が無人のゴールに5点目を決めた。

第1戦で2─4の黒星を喫していた南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)はホームでラツィオ(イタリア)を4─1で下し、準決勝に駒を進めた。後半10分にチーロ・インモービレに先制点を許したものの、その直後にムナス・ダブールが決めて同点に。さらに、同27分から立て続けに3点を奪取し、2戦合計6─5で逆転突破を決めた。南野は後半39分からプレー。

そのほか、アーセナル(イングランド)は敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と2─2で引き分け、2戦合計6─3。アトレチコ・マドリード(スペイン)は敵地でスポルティング(ポルトガル)に0─1で敗れたものの、2戦合計2─1でそれぞれ勝ち上がった。

準決勝の組み合わせは13日に決まる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below