Reuters logo
サッカー=ケルン大勝、大迫が2ゴール1アシスト
2017年11月3日 / 02:06 / 22日後

サッカー=ケルン大勝、大迫が2ゴール1アシスト

[2日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は2日、各地で1次リーグの試合を行い、H組のケルン(ドイツ)は後半開始から出場した大迫勇也の2ゴール1アシストなどで大勝した。

 11月2日、サッカーの欧州リーグ(EL)は各地で1次リーグの試合を行い、H組のケルン(ドイツ)は後半開始から出場した大迫勇也の2ゴール1アシストなどで大勝した(2017年 ロイター/Wolfgang Rattay)

ボリゾフ(ベラルーシ)をホームで迎え撃ったケルンは、先制するも前半のうちに逆転を許した。しかし後半9分に大迫の同点ゴールが生まれると、そこからゴールラッシュ。大迫は同37分にも自身2点目を決めると、終了間際にはチーム5点目をクロスでアシストし、5─2の勝利に大きく貢献した。

I組では、酒井宏樹が所属のマルセイユ(フランス)は敵地でギマランイス(ポルトガル)に0─1で敗戦。マルセイユは退場者を出したことが響いた。酒井宏は後半31分から途中出場した。

また、同組の南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)はコンヤスポル(トルコ)とスコアレスドロー。南野は後半24分から途中出場した。

J組の原口元気が所属するヘルタ(ドイツ)はゾリャ・ルガンスク(ウクライナ)にホームで2─0の勝利。原口は後半14分から出場したが、ゴールはなかった。

ほかではACミラン(イタリア)がAEKアテネ(ギリシャ)と、アーセナル(イングランド)はレッドスター(セルビア)と、それぞれスコアレスドローだった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below