July 15, 2020 / 12:09 AM / 20 days ago

サッカー=モウリーニョ監督、CASを批判「恥ずべき決断」

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は14日、UEFAがマンCに科した処分を覆したCASを「恥ずべき決断」と批判した。ロンドンで12日代表撮影(2020年 ロイター)

[14日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は14日、欧州サッカー連盟(UEFA)がマンチェスター・シティー(マンC)に科した処分を覆したスポーツ仲裁裁判所(CAS)を「恥ずべき決断」と批判した。

UEFAは2月、マンCがスポンサー収入を過大に計上したとし、これが「ファイナンシャル・フェアプレー」抵触に当たると判断。調査にも非協力的だったとのことから、2シーズンの出場禁止処分を科していた。

ところが、CASは13日に抵触はなかったとして出場禁止処分を取り消し、罰金も3000万ユーロ(約36億7000万円)から1000万ユーロに減額した。

これを受け、モウリーニョ監督は報道陣に対し、「シティーが有罪でないというのであれば罰金は科されるべきではないため、いずれにせよ恥ずべき決断だ。有罪ならやはり恥ずべき決断で、シティーは大会出場を禁止されるべき」とCASの判断を批判した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below