for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=クロップ監督、結婚式後に新型コロナ陽性のサラー擁護

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(左)は、母国エジプトで兄弟の結婚式に参加した後に新型コロナウイルス検査で陽性となった同チームのモハメド・サラー(右)について、擁護する発言をしている。英リバプールで3月撮影(2020年 ロイター/Phil Noble)

[20日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、母国エジプトで兄弟の結婚式に参加した後に新型コロナウイルス検査で陽性となった同チームのモハメド・サラー(28)について、擁護する発言をしている。

サラーは先週に行われた代表戦前に受けた新型コロナウイルス検査で陽性反応を示し、18日の再検査でも陽性に。今週末に予定されているレスターとのリーグ戦には出場できない見込みとなっている。

また、サラーは出席した結婚式の映像から、マスクの着用やソーシャルディスタンスを保つことのないまま踊っていたことが分かった。

クロップ監督は報道陣に対し、「私は夏にドイツにいて、友人が私のために誕生日会の日程をずらしてくれたが、参加しなかった。禁止されていたわけではない」と個人的には社交場を避けるようにしているとする一方で、「兄弟の結婚式は特別な瞬間」とサラーへの理解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up