for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=サウスゲート監督、ワクチン接種の選手優先呼びかけ

サッカーのイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、選手が競技や移動で健康リスクを負っているとして優先順位を上げるよう呼びかけた。英リーズで2月代表撮影(2021年 ロイター)

[19日 ロイター] - サッカーのイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、選手が競技や移動で健康リスクを負っているとして優先順位を上げるよう呼びかけた。

イングランドでは、全成人の半数以上がワクチンの初回接種を済ませており、社会的立場の弱い者、(医療従事者などの)主要な労働者、高齢者は優先的に投与を受けている。

サウスゲート監督は「社会的弱者のほぼ全員が最初のワクチン接種を終えている。個人的には、プロのスポーツマンが(優先)リストに載ることが許容される段階に近づいていると思う」と語り、アスリートの優先的な接種を求めた。

また、「彼らは特定の状況から戻ってきた際に隔離される必要があり、リスクを負って家族の元に戻らなければならないし、彼らの多くは業務に従事することでウイルスに感染している。主要な労働者や教師よりも優先すべきとは言わないが、許容できるところに近づいている」と、優先順位を上げることが許される状況になりつつあると訴えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up