for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ベイル、トットナム復帰の決め手はモウリーニョ監督

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムに期限付き移籍を果たしたウェールズ代表FWガレス・ベイル(写真)が、決断した大きな理由は同チームで指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督だったと語った。英ルートンで18日撮影(2020年 ロイター)

[20日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムに期限付き移籍を果たしたウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)が、決断した大きな理由は同チームで指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督だったと語った。

モウリーニョ監督は2010年から13年までレアル・マドリード(スペイン)の指揮官を務め、その際にベイル獲得を試みたことを明かしている。また、マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)時代にもベイルのマンU移籍の可能性が伝えられたが実現することはなかった。

19日に7年間プレーしたレアルから古巣トットナムに復帰を果たしたベイルは、BTスポーツに対し「私がここに復帰するにあたり、彼(モウリーニョ監督)は重要だった。私たちは優勝する必要があり、彼はその方法を誰よりもよく知っている」とコメント。

さらに同選手は「トットナムファンがトロフィーを望んでいることを分かっている。それを実現するために、全ての大会で全力を尽くす」などと、意気込みを語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up