January 20, 2020 / 1:15 AM / a month ago

サッカー=首位リバプールが勝利、南野リーグデビューはお預け

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、南野拓実(中央)の所属する首位リバプールはホームでマンチェスター・ユナイテッドに2─0で完勝した。南野はベンチ入りしたものの出番はなく、リーグ戦デビューは持ち越しとなった(2020年 ロイター/Phil Noble)

[リバプール(英国) 19日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは19日、各地で2試合を行い、南野拓実の所属する首位リバプールはホームでマンチェスター・ユナイテッド(マンU)に2─0で完勝した。南野はベンチ入りしたものの出番はなく、リーグ戦デビューは持ち越しとなった。

リバプールは前半14分、フィルジル・ファンダイクのヘッドで先制。さらにロベルト・フィルミノが追加点を決めたかと思われたが、これはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、ゴールは認められなかった。

2点目が入ったのは後半アディショナルタイムで、GKアリソンのロングキックを受けたモハメド・サラーがそのままゴールを決め、勝利を決定づけた。

この結果、リバプールは勝ち点を64に伸ばし、昨季王者で2位のマンチェスター・シティー(マンC)に16差をつけて首位を独走している。

試合後、ユルゲン・クロップ監督は「非常にホッとしている。試合の85から90%には本当に満足した。われわれは素晴らしかった。特に前半はゲームを支配した。選手たちがピッチで見せたエネルギーはとんでもなかった」と語った。

もう1試合では、3位レスターがバーンリーに1─2で敗れた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below