for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=バイエルンCEO、チアゴのリバプール移籍合意

Soccer Football - DFB Cup - Semi Final - Bayern Munich v Eintracht Frankfurt - Allianz Arena, Munich, Germany - June 10, 2020 Bayern Munich's Thiago Alcantara wearing a mask arrives before the match, as play resumes behind closed doors following the outbreak of the coronavirus disease (COVID-19) REUTERS/Kai Pfaffenbach/Pool DFB regulations prohibit any use of photographs as image sequences and/or quasi-video

[17日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンで最高経営責任者(CEO)を務めるカールハインツ・ルンメニゲ氏は17日、リバプール(イングランド)とスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの移籍で合意に至ったと述べた。

英国メディアによると、移籍金は約2000万ポンド(約27億1800万円)で500万ポンドのボーナスが付帯している。

バイエルンのハンジ・フリック監督は報道陣に対し、「彼のプレーはチームに多くの選択肢を与えてくれた。人々が予想だにしないような方法で問題を解決してきた驚くべき選手」と述べ、「彼と仕事ができてうれしかった。(リバプール指揮官のユルゲン・)クロップにおめでとうと言いたい。彼は、トップ選手かつ素晴らしい人間を手に入れた」と続けた。

2013年にスペインの強豪バルセロナからバイエルンに移籍したチアゴは、7シーズン全てでブンデスリーガ優勝を果たし、昨季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)も制した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up