for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=デブルイネ、鼻骨と眼窩骨折の重傷 CL決勝で

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティーに所属のベルギー代表MFケビン・デブルイネ(中央)は30日、前日の欧州CL決勝で鼻骨と左眼窩を骨折したと明らかにした。ポルトで29日代表撮影(2021年 ロイター)

[30日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)に所属のベルギー代表MFケビン・デブルイネは30日、前日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝で鼻骨と左眼窩を骨折したと明らかにした。

デブルイネはイングランド勢対決となったCL決勝のチェルシー戦で相手DFのアントニオ・リュディガーと衝突してグラウンドに倒れ込み、そのまま交代。ツイッターで「病院から戻った。診断の結果は鼻骨骨折と左眼窩骨折。今はもう大丈夫。昨日のことはまだ立ち直れていないが、また戻ってくる」と説明した。

マンCはチェルシーに0─1で敗れ、優勝を逃している。

デブルイネはベルギー代表として6月中旬から欧州選手権(ユーロ)を控えているが、復帰時期は明らかにしていない。

一方、リュディガーは30日午後、ツイッターでデブルイネに謝罪し、「ケガに関しては本当に申し訳ない。もちろん、故意ではなかった。ケビンとはすでに個人的に連絡を取っており、早い回復を心から願っているし、すぐにピッチに戻ってくることを希望している」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up