July 3, 2020 / 12:51 AM / a month ago

サッカー=マンCが王者リバプールに大勝、南野は途中出場

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)はホームで南野拓実所属のリバプールに4─0で大勝を収めた。写真はゴールを祝うマンCの選手たち。代表撮影(2020年 ロイター)

[マンチェスター(英国) 2日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは2日、2試合を行い、マンチェスター・シティー(マンC)はホームで南野拓実所属のリバプールに4─0で大勝を収めた。南野は後半40分からプレー。

マンCは前半25分、ケビン・デブルイネのPKで先制すると、その10分後にフィル・フォーデンのアシストからラヒーム・スターリングが追加点。ハーフタイム間際にはフォーデンがチーム3点目を決め、後半21分にオウンゴールで4点目を手にした。

今季優勝が決まっているリバプールに完勝したマンCのジョゼップ・グアルディオラ監督は、「素晴らしいチーム、チャンピオンに勝った。彼らは今週(実際は先週)にビールをたくさん飲んだはずだが、一切、体にアルコールを残さずにここに来たので、(そのチームに勝利した)自分たちを褒めたたえたい」と述べた。

もう1試合では、トットナムが敵地でシェフィールド・ユナイテッドに1─3で敗れた。

2位マンCは勝ち点を66に伸ばし、リバプールとの差は20ポイントとなった。シェフィールドは同47で7位に浮上し、同45のトットナムは9位に後退した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below