for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ポグバがマンUと契約延長交渉へ、代理人談

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(写真)の代理人ミノ・ライオラ氏が23日、まもなく残留に向けた契約交渉を始めると語った。英マンチェスターで7月代表撮影(2020年 ロイター)

[23日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のフランス代表MFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏が23日、まもなく残留に向けた契約交渉を始めると語った。

ポグバは2016年にユベントス(イタリア)から加入して以来、たびたび移籍の可能性が報じられてきた。

ライオラ氏は英スカイスポーツで「すぐに新しい契約について話をする。ポグバは残留する。彼はキープレーヤーだ。クラブは重要なプロジェクトを進めるが、そのなかにポグバは100%含まれている。ユナイテッドはあらゆるオファーを受け入れないだろう」と語った。

契約満了まで1年を切っているポグバは昨季、ケガにより出場機会が乏しく、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で中断となる前まで公式戦わずか8試合のプレーにとどまっていた。

しかし、6月に競技が再開すると、公式戦14試合に出場。リーグ3位の成績に貢献し、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に尽力した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up