April 25, 2018 / 2:46 AM / 7 months ago

サッカー=サラーの活躍、元所属のローマ会長も驚き

 4月24日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプール所属のエジプト代表FWモハメド・サラー(写真)の活躍を見て、同選手が所属していたローマ(イタリア)のジェームズ・パロッタ会長が驚きを明かした。21日撮影(2018年 ロイター/Andrew Yates)

[24日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプール所属のエジプト代表FWモハメド・サラーの活躍に対し、同選手が所属していたローマ(イタリア)のジェームズ・パロッタ会長が驚きを明かした。

今季から2年半ぶりにプレミア復帰を果たしたサラー。24日に行われた古巣ローマ相手の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でも2得点2アシストの活躍でチームの先勝に貢献し、ここまでで公式戦通算43得点。イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手にも選出された。

パロッタ会長はESPNのインタビューで「リバプールはサラーを最大限に活かすやり方を見出した」と述べ、「何に驚いたかと言えば、彼がどれほどフィニッシュが上手いかということだ。彼の足の近くにボールを持っていければ、後は彼がネットに入れる方法を見つけてくれるようだ」と続けた。

リバプールはサラー獲得に3400万ユーロ(約45億円)を支払ったが、パロッタ会長は「今の活躍を見れば、信じられないほどのバーゲン価格と言えるだろう」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below