November 29, 2019 / 1:24 AM / 8 days ago

サッカー=フランクフルト、鎌田の2得点で逆転勝利 欧州リーグ

サッカーのEL1次リーグ、F組で長谷部誠(左)と鎌田大地(中央)の所属するアイントラハト・フランクフルトが敵地でアーセナルに2─1で勝利。鎌田は2得点で逆転勝利に貢献した(2019年 ロイター)

[ストックホルム 28日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は28日、各地で1次リーグを行い、F組で長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)が敵地でアーセナル(イングランド)に2─1で勝利。長谷部と鎌田はフル出場し、鎌田は2得点で逆転勝利に貢献した。

前半アディショナルタイムにピエール・エメリク・オバメヤンに先制点を許したフランクフルトだったが、後半10分、右サイドからパスを受けた鎌田がDF3人を巧みにかわして左足を振り抜き、同点に追いついた。さらに鎌田は同19分にもCKのこぼれ球をペナルティーアーク内でトラップし、右足で強烈なグラウンダーのシュートを突き刺した。

フランクフルトは1試合を残して、首位アーセナルに勝ち点1差の同9で2位。スタンダール・リエージュ(ベルギー)が同7で3位につけている。

L組では、パルチザン(セルビア)所属の浅野拓磨が敵地でのAZアルクマール(オランダ)戦にフル出場し、1ゴールを記録した。

浅野は前半16分、浮き球のスルーパスをワントラップし、右足でゴールに流し込み先制点を決めた。パルチザンは同27分にも追加点を得たが、試合終了間際に2点を許して2─2で引き分けとなった。AZの菅原由勢は後半15分からプレー。

この結果、AZは勝ち点9で決勝トーナメント進出が確定し、パルチザンは同5で敗退が決まった。マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)は敵地でのアスタナ(カザフスタン)戦を1─2で落としたが、同10で首位を維持している。

D組で堂安律が所属するPSVアイントホーフェン(オランダ)は敵地でスポルティング(ポルトガル)に0─4で大敗し、勝ち点7の3位で敗退。堂安はベンチ外だった。

G組で中島翔哉のポルト(ポルトガル)は敵地でヤングボーイズ(スイス)と対戦し、2─1で勝利。中島はベンチ外だった。ポルトは首位レンジャーズ(スコットランド)に勝ち点1差の同7で2位につけた。

I組でヘント(ベルギー)の久保裕也は敵地のサンテティエンヌ(フランス)戦でベンチ外。チームは0─0で引き分け、2位以内が確定して突破が決まった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below