for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=マンUやローマなどが先勝、欧州リーグ

 サッカーEL準々決勝の第1戦、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でグラナダに2─0で先勝した。写真はブルーノ・フェルナンデス(18番)がPKを決めた場面(2021年 ロイター/Jon Nazca)

[マドリード 8日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は8日、各地で準々決勝の第1戦を行い、マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)は敵地でグラナダ(スペイン)に2─0で先勝した。

試合序盤は見どころが乏しく、新型コロナウイルス規制により無観客だったにもかかわらずピッチに乱入者が出たことがハイライトになるような展開だったが、前半31分にマーカス・ラッシュフォードがネットを揺らし、マンUが先制した。

その後は互いにチャンスを作りながらもスコアは動かなかったが、マンUが後半アディショナルタイムにPKを獲得すると、これをブルーノ・フェルナンデスが決めて勝利を決定づけた。

試合後、マンUのダニエル・ジェームズはBTスポーツに対し、「とても大きな勝利だ。マーカスはよくゴールを決めてくれたし、ブルーノは最後にPKを沈めた。タフな試合になることは分かっていた」と振り返った。

ローマ(イタリア)はアヤックス(オランダ)に先制されたものの、2─1で逆転勝利。ビリャレアル(スペイン)はディナモ・ザグレブ(クロアチア)を1─0で下し、アーセナル(イングランド)とスラビア・プラハ(チェコ)は1─1で引き分けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up