for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=EL1次リーグ開幕、フライブルク堂安が決勝点

サッカーのELは8日、各地で1次リーグ開幕戦を行い、フライブルクの堂安律はホームで行われたカラバフ戦でゴールを決める活躍を見せた。先発出場の堂安は後半アディショナルタイムまでプレー(2022年 ロイター)

[8日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は8日、各地で1次リーグ開幕戦を行い、フライブルク(ドイツ)の堂安律はホームで行われたカラバフ(アゼルバイジャン)戦でゴールを決める活躍を見せた。先発出場の堂安は後半アディショナルタイムまでプレーした。

G組のフライブルクは前半7分にPKで先制。同15分には堂安が右サイドからカットインで中央エリアまで切り込み、低弾道のシュートをゴール左隅に決めた。フライブルクはその後に1点を返されたが、堂安のゴールが決勝点となって2─1の白星スタートを切った。

E組で久保建英の所属するレアル・ソシエダード(スペイン)は敵地でマンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)に1─0で勝利。先発の久保は後半33分までピッチに立った。

A組でアーセナル(イングランド)の冨安健洋は敵地で2─1の勝利を収めたチューリヒ(スイス)戦にフル出場。D組でウニオン・ベルリン(ドイツ)の原口元気はホームで0─1と敗れたサンジロワーズ(ベルギー)戦にスタメン出場し、後半15分に交代した。

H組でモナコ(フランス)の南野拓実は敵地で1─0の白星だったレッドスター(セルビア)戦に先発し、後半12分までプレーした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up