October 26, 2018 / 12:12 AM / a month ago

サッカー=フランクフルト3連勝、長谷部はフル出場 欧州リーグ

 10月25日、サッカーの欧州リーグ(EL)1次リーグ、H組では、長谷部誠(写真右)がフル出場したアイントラハト・フランクフルトがホームでアポロンに2─0で勝利(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[25日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は25日、各地で1次リーグの試合を行い、H組では、長谷部誠がフル出場したアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)がホームでアポロン(キプロス)に2─0で勝利した。

フランクフルトは前半にフィリップ・コスティッチとセバスティアン・ハラーのゴールで2点を先行し、そのリードを守り切って3連勝で首位に立っている。

H組のもう1試合では、酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)がホームでラツィオ(イタリア)に1─3で敗れ、1分2敗で最下位。酒井宏はフル出場した。

B組では南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)がホームでローゼンボリ(ノルウェー)を3─0で下した。前半にムナス・ダブールのゴールで先制すると、後半8分に追加点。その6分後にはダブールがPKで引き離して完勝を収め、3連勝でグループトップをキープした。南野は後半37分からプレーした。

F組で乾貴士所属のベティス(スペイン)は敵地でACミラン(イタリア)に2─1で勝利し、2勝1分の首位。乾はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

D組で森岡亮太の所属するアンデルレヒト(ベルギー)はホームでフェネルバフチェ(トルコ)と2─2のドローで終え、1分2敗で最下位。森岡はベンチ外だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below