for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=マンUが大勝、アントワープ三好は途中出場 EL

 サッカーのEL決勝トーナメント1回戦の第1戦、マンチェスター・ユナイテッドはブルーノ・フェルナンデス(写真)の2得点などで、レアル・ソシエダに4─0で大勝した(2021年 ロイター/Massimo Pinca)

[トリノ(イタリア) 18日 ロイター] - サッカーの欧州リーグ(EL)は18日、各地で決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、マンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)はアウェーでレアル・ソシエダ(スペイン)に4─0で大勝した。

2017年以来の優勝を目指すマンUは、前半27分にブルーノ・フェルナンデスが先制ゴールを決めると、後半12分にもフェルナンデスが追加点。さらにマーカス・ラッシュフォードとダニエル・ジェームズもネットを揺らした。なお、今試合は新型コロナウイルスによる英国─スペイン間の移動制限の関係で、イタリアのトリノで実施された。

そのほかのイングランド勢では、トットナムがアウェーでウォルフスベルク(オーストリア)に4─1で快勝。アーセナルはベンフィカ(ポルトガル)と1─1、レスターはスラビア・プラハ(チェコ)と0─0で引き分けた。

三好康児所属のアントワープ(ベルギー)はホームでレンジャーズ(スコットランド)に3─4で競り負け。三好は後半アディショナルタイム1分からピッチに上がった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up