for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

敗戦に怒ったブラジルのサッカーファン、選手に配達のピザ奪う

 1月31日、ブラジルのサンパウロを本拠地とするサッカークラブ「ポルトゥゲーザ」のファンが、試合に負けたことに怒り、選手たちのロッカールームに配達されるはずだった10枚のピザを奪い、食べてしまった。写真は2007年9月撮影(2018年 ロイター/Paulo Whitaker)

[サンパウロ 31日 ロイター] - ブラジルのサンパウロを本拠地とするサッカークラブ「ポルトゥゲーザ」のファンが、試合に負けたことに怒り、選手たちのロッカールームに配達されるはずだった10枚のピザを奪い、食べてしまった。

同チームは30日の試合に3対0で負けたが、いつも通り試合後の食事としてピザを注文した。ところがこの日、配達の少年が間違った入口から入ってしまい、ロッカールームに行くはずだったのにグラウンドを去ろうとしていたファンの前に現れてしまった。

チームのファンクラブ会長のルーカス・ベンチュラさんは「誰かが配達の少年にどこに届けるのか尋ねたところ、選手たちとの答えだった。ファンたちはお金を出し合って300レアルを少年に支払い、4枚を清掃員や近くにいたスタッフらにあげて、残りの6枚を自分たちで食べた」と説明した。

ベンチュラさんによると、ファンたちは怒り狂っていたが、ピザを食べた後は少し元気になったようだった、と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up