August 1, 2018 / 3:08 AM / 15 days ago

サッカー=スペイン連盟会長「ニューカッスル、ベニテス氏を代表監督に推薦」

[バルセロナ 31日 ロイター] - スペイン・サッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は31日、今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会中に、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルから同クラブを指揮するラファエル・ベニテス監督を代表監督に薦めるオファーがあったことを明かした。

 7月31日、スペイン・サッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は、今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会中に、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルから同クラブを指揮するラファエル・ベニテス監督(写真)を代表監督に薦めるオファーがあったことを明かした。英ハルで24日撮影(2018年 ロイター)

RFEFは、フレン・ロペテギ前代表監督をW杯開幕前日に電撃解任。スポーツディレクターを務めていたフェルナンド・イエロ氏が暫定監督として後任に就いた。同代表は開催国ロシアに敗れて、ラウンド16敗退を喫した。

ルビアレス会長は31日にスペインラジオ局COPEで、ロペテギ前監督を解任した2日後にニューカッスルから「われわれの監督に興味はないか。使っても構いません」との手紙が届いたと明かし、「ありがたいが、ノーだ」と返事をしたと明かした。

イエロ氏はW杯後に辞任し、スペインの強豪バルセロナを率いた経験のあるルイスエンリケ監督が今月新たに就任した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below