May 9, 2018 / 12:23 AM / 18 days ago

サッカー=FIFA、差別行為でロシアに罰金処分

[モスクワ 8日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は8日、親善試合でロシア代表のファンが対戦相手の選手に対し差別的なチャント(歌)を歌ったとして、ロシアサッカー連合(RFU)に罰金3万スイスフラン(約330万円)を科すと発表した。

 5月8日、国際サッカー連盟(FIFA)は親善試合でファンが差別的なチャント(歌)を歌ったとして、ロシアサッカー連合(RFU)に罰金3万スイスフラン(約330万円)を科すと発表した。写真中央右は3月の同試合でモンキーチャントされたフランスのエンゴロ・カンテ(2018年 ロイター/Grigory Dukor)

ロイターのカメラマンによると、3月にサンクトペテルブルクで行われたフランス戦で、仏代表選手に対しモンキーチャント(猿のまね)が何回か浴びせられたという。

FIFAは今回に処分に際し、試合のビデオから「徹底的な調査」を実施したとコメント。ごく一部のファンによる行為だったと説明している。

ロシアは6月14日から7月15日まで開催されるワールドカップ(W杯)に向け、人種差別撲滅を掲げているが、大会前からいくつかの差別行為が報告されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below