February 25, 2019 / 12:45 AM / 3 months ago

サッカー=ドルトムント白星、長谷部所属フランクフルトは快勝

 2月24日、サッカーのドイツ1部ブンデスリーガ、ドルトムントはホームでレーバークーゼンに3─2で競り勝った。写真は試合後のドルトムントの選手ら(2019年 ロイター/Leon Kuegeler)

[ベルリン 24日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは24日、2試合を行い、長谷部誠所属のアイントラハト・フランクフルトは、敵地で原口元気と浅野拓磨が所属するハノーバーと対戦し、3─0で快勝を収めた。

フランクフルトはスコアレスで折り返した後半9分、アンテ・レビッチが先制点を奪うと、その9分後にはルカ・ヨビッチが2点目。さらに、フィリップ・コスティッチが同45分にリードを広げた。長谷部と原口はフル出場。浅野も先発し、後半30分までプレーした。

もう1試合では、ドルトムントがホームでレーバークーゼンに3─2で競り勝った。前半にダンアクセル・ザガドゥとジェイドン・サンチョ、後半にマリオ・ゲッツェがネットを揺らした。

この結果、首位ドルトムントは2位バイエルン・ミュンヘンに勝ち点3差の同54。フランクフルトは勝ち点37で6位に浮上した。ハノーバーは降格圏の17位。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below