December 19, 2018 / 1:38 AM / a month ago

サッカー=デュッセルドルフがドルトに勝利、宇佐美アシスト

 12月18日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、宇佐美貴史(左)が所属するデュッセルドルフはホームで香川真司所属のドルトムントに2─1で勝利を収めた(2018年 ロイター/Thilo Schmuelgen)

[18日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは18日、各地で試合を行い、宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはホームで香川真司所属のドルトムントに2─1で勝利を収めた。先発の宇佐美は後半42分までプレーし、1アシストを決めた。

前半を1点リードで折り返したデュッセルドルフは後半11分、敵陣左サイドでボールを受けた宇佐美が逆サイドに展開すると、そのパスを受けたジャン・ツィマーがミドルシュートをたたき込んだ。

ドルトムントは同36分にパコ・アルカセルのゴールで1点を返したが及ばなかった。香川はベンチ外だった。

久保裕也所属のニュルンベルクは敵地でボルシアMGに0─2で敗れた。後半にトルガン・アザールらに2点を決められた。久保はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

そのほか、ヘルタとアウクスブルクは2─2のドロー。ウォルフスブルクはホームでシュツットガルトに2─0で勝った。

ドルトムントは敗れたものの勝ち点39で首位を維持し、デュッセルドルフは同15で残留圏内の15位に浮上した。ニュルンベルクは最下位と同1差の暫定17位。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below